ココロの綴り。


by sachipu_pu

カテゴリ:私の罪( 8 )

依存

だんなさまがほしいと言っていたシャネルのカバンを買ってきてくれた。

まぁ・・これで元気に外に出てほしいってことなんだろうけど・・

うれしかった。けど・・・

実は先月2月のクレジットカードの私の買い物の請求が
20万に。。

洋服。かばん。雑貨の買い物。

買うとすっきりする。

ちなみに我が家はそんな上流階級じゃない。
私もだんなさまも20代だし・・・
給料だってそれなりだ。
普通・・・だとおもう。

こんな何十万ってお買い物ばばーんと出来る余裕なんてない。

なのに買っちゃう。
ってことは・・やっぱり依存だろうか??

カバンを買ってもらって、なんだか申し訳なくて
だんなさまに20万の請求を暴露した。

怒ることもなく・・・ただあきれてた。

「このカバンも結構思い切って買ったんだけど・・・。安くないよな~?
つか・・・これ売る?」って・・・

借金するほどではないので・・・以後気をつけようってことになりました。

ワタシ・・物欲がすごいあるんだよね・・・。
とにかく着飾りたいっていうか・・
そんなもの買ってどうすんだ?って感じなんだけど。

これでまた落ちました。

クリニックの先生のこともあるし。

自分でお金使っといて、
だんなさまにもねだっといて

今無償に貧乏恐怖におびえています。

昔から、家はお金はあるほうだったとおもうんだけど、この貧乏恐怖?ていうか・・
お金がないっていう恐怖があった。

父が仕事ばかりの人だったからお金には困らなかったけど、
家庭がめちゃくちゃだったから
いつ父がいなくなるか・・っていうのにおびえていた。
父がいなくなる=収入がなくなるっておもってて・・
すごく怖かった。

その恐怖がいまだに結構ある。

なのに・・・節約とか出来ない。
怖いくせに・・・物欲に走ってしまう。

で、落ちる。

わかっていて自分で恐怖を招いてしまう。

どうしたら買い物やめられるだろう・・。

買わなきゃいいって簡単なんだけどね。

やっぱ・・・病気かなぁ。c0013343_19434495.jpg
[PR]
by sachipu_pu | 2006-03-08 19:43 | 私の罪

辛かったこと

今回の帰省でどうしても忘れられないことがあります。

そのことが頭を離れません。

じつはそのことが一番のショックだったかもしれない。

子供の話を含みますので・・(マイナスです)たたみます。

書いていても読んでいてもいやになる話です・・。
でも、ココで吐き出して忘れたかったんです。

ショックだったこと
[PR]
by sachipu_pu | 2005-09-01 18:50 | 私の罪

最低だった幼いワタシ

かなり暗いお話です・・・(汗)
でも、今日グルグルと思い出しては頭から消えなくて・・
吐き出してしまいたかったんです。
明日がクリニックの日で、クリニックの前日は過去を振り返っている自分がいます。
何が原因でワタシはこうなったのか・・
ココから抜け出せる手がかり探し。
でも、過去の記憶からは思い出してもいいことなんてなくて・・
この過去をどう処理していいかわからない。

忘れてもいいの?
封印してしまったら なかったことにしたら 前に進める?
解き放てば楽になれる?


ワタシは イイコ じゃなかった。

ワタシはずっと母を憎んでいた。
ワタシは神様を憎んでいた。

毎日毎日どうしてこんな普通じゃない生活が続くんだろうって憎んで憎んで・・。

母は毎日ついていないテレビに向かって何かつぶやいていた。
ひとりごと・・というよりは、誰かと話している感じだった。

ワタシが話しかけても、まったくワタシのことなんて瞳に写っていなかった。

母が病気になる前、父と母の離婚話があった。
母はそのころから言動がおかしくなった。

取り乱しながら、もぅ出て行くって叫ぶ母に、ワタシは出て行かないでって泣いていたら
母は、泣いているワタシに

「さちのせいでお母さんとお父さんは別れるんだからね」
って言われた。
小学5年生だった。

そのころから、母はもう病気だったのだと思う。
だから、その言葉は、病気が言わせたもので  母じゃない。
でも、今でも忘れられない。

ワタシは母に何度もひどい言葉をぶつけた。

ワタシの言葉に反応してくれない母に。
「お母さんのせいでワタシがなんでこんなに苦しまなくちゃいけないのよ!」
「お母さんなんていなくなればいい!!」
そんな言葉を何度も・・・

母はワタシの言葉はまったく聴いていないのに、そういう言葉だけには反応して
「さちも消えたらいい!あんたなんて消えたらいい!」
って言い返された。

もう 最悪だった。
家族なんかじゃなかった。親子なんかじゃなかった。

神様にはいつも悪口を繰り返した。
「もしワタシが死んだら、神様の責任だからね」
「どうして神様はワタシばかりいじめるの?神様なんて最悪」

父はいつもぶつぶついう母に向かって、怒鳴っていた。
「きちがい!!黙れ!!」って。

ワタシも父も同罪。
だから、ワタシは父のことを責められないんだ・・。

ワタシがやっと成長して、母の病気を少しでも理解しようと考えはじめたころ
朝から母に怒鳴る父にはむかったことがある。

「どうしてそんなこというの?」
父と母の間に入り、泣きながら母をはじめて抱きしめた。
母も泣いていた。
父は
「さち。お前はこいつの味方をするのか!!」ってそのまま出て行った。
もうお父さんは帰ってこないかもしれない・・
そう思うと震えて仕方なかった。
父の支えはきっと私だけだったから・・。

でも、何事もなかったように父は夜遅く帰宅した。
ほっとした。

それから、毎日母と父の間のクッションになった。
父の機嫌をとり、母に気を使い・・。
そうすれば家族に戻れると思っていた。

今私は母に対して絶対怒鳴ったりしない。
父には母のことで注意したりも出来るようになった。
少し震えながら・・。

でも昔 ワタシが放った言葉は消せない・・。
その事実は消せない。
ワタシは最悪な子供だった。

読み返していないので・・意味不明なところがあるかもしれません。
[PR]
by sachipu_pu | 2005-06-10 18:35 | 私の罪

「やっぱりさちを愛してる」
そうカレは言った。
カレとは・・・だんなさまじゃない。結婚前に付き合ってたカレ。
すごく鮮明な夢だった。
夢の中の私は答えを出せずに・・またカレとだんなさまの間をウロウロしてた。
カレと会って、だんなさまに見つからないかヒヤヒヤしながら、でもドキドキしてた。
恋だった。
「俺が守るから。全部守るから。」って言ってくれた。
その言葉にグラリときて カレに寄り添った。
夢から目が覚めた。もうだんなさまはお仕事に行ってしまっていなかった。
不思議な感覚でぼ~っとしてた。
腕になにかが当たった。
数珠だった。だんなさまが買ってくれた数珠だった。
精神安定?だから寝るときもしていた数珠。
バラバラになってベッドに散乱していた。
なんだか、だんなさまの失望したココロのようだった。
なんでこんな夢みてしまったんだろう・・・。
すごく すごく 自分が恥ずかしくて・・でもまだちょっとドキドキしている自分に
また失望した。
昔のカレとやり直したいとか・・まだ愛してるとか そんなんじゃない。
それはまったくない。カレよりだんなさまのほうが大事。

「俺が守るから。全部守るから」そうだんなさまにいってほしかったのかもしれない。

腕になくなった数珠。責められているようで・・・ココロが痛い。
[PR]
by sachipu_pu | 2005-01-28 08:23 | 私の罪

カレ

今日カレのことをblogに書いた。
それから・・・ずっと思い出の中のカレに縛られている・・。
どうして今こんなにせつない気持ちになってしまったのだろう・・。
今日も夫の帰りが遅いからか・・・。
思い出して「思い出」にひたっているからなのか・・。
「カレ」とのことは・・もう思い出なのです。もう「過去」のことなのです。
いまさらせつなくなるのは・・・おかしいのです。

なぜ最後に「カレ」にあやまれなかったのだろう・・。
なぜ最後まで「カレ」によく思われたかったのだろう・・。
なぜ最後にキスなんてしてしまったのだろう・・・。
なぜ  なぜ  なぜ・・・。
夫とキスをすると「カレ」のことが頭に浮かぶことがあります・・。
寂しくなると「カレ」を思い出して打ち消している自分がいます。
そう・・blogを書いたからじゃない・・。
「カレ」はずっと頭の中に住み続けていたのです。
私は卒業したかった。「過去」のものにしたかった。
「カレ」に幸せになってほしい・・そうしたら吹っ切れるのに・・。
と言うキモチと
「カレの中でずっと私が一番でいたい」という醜い認めたくない気持ちがあるのです。
カレと結婚式の3日前にあったとき
「結婚式なんてやめて逃げろよ。今なら間に合う」といわれた・・。
もしあの時・・・。って考えなくはない・・。
でも、私は夫を選んだ。
夫と幸せになることを自分で選んだ。
後悔はしていない。なのに私は一体どうして?
「カレ」との恋愛は「カレ」に傷を残し「私」に忘れられない思い出を残した・・。
いい思い出・・だけど忘れられない。
私はただ都合のいいように思い出して、寂しさを紛らわしているだけなの?
なんで思い出してしまうの?どうしたらこんな私から脱出できる?
客観的にみた私は・・・認めたくないほど、いやな女です。
[PR]
by sachipu_pu | 2005-01-14 21:57 | 私の罪

はずれくじ

ココ最近。自分について考えてます。
自分を理解して病気と向き合うためです。
そうすると・・向き合うどころか日々懺悔の毎日になってしまっています・・・(汗)
だからblogも懺悔だらけで・・サイテー女「さち」のblogになってしまっています(汗)

私には結婚する。。結婚式をあげる3日前まで付き合っていた「カレ」がいました。
ココからまずサイテーなのですが・・(汗)
もう↓でも告白したし・・ばれているので。
「カレ」とは3年くらい?関係が続いていました。
はじまりは、「カレ」は私と同じ大学で、「カレ」はとても注目されている人でした。
モデル経験もあり、見た目・・いわゆる「イケメン」でした。でも私は当初付き合っている彼がいまいした。
「カレ」のことはもちろん「かっこいいよね~」って思ってはいたけど、トモダチでした。
その「カレ」から卒業して頻繁に連絡があるようになり・・私は「カレ」が私に好意を持っていることを確信しました。
「カレ」は自慢できる、高価なアクセサリーのような存在でした。
一緒に歩けば鼻高々なのです。
付き合っていた彼はやさしくて暖かくてとてもいい人でした。でも、人に自慢できるほどじゃなかった・・。
私は「カレ」に「彼」がいることを告げ、「それでもいいのならつきあう」と言いました。
「カレ」は自分に自信があったから、「彼」から奪えると思ったんでしょうね。承諾しました。
それから「カレ」にはたくさんひどいことをしました・・。
3年間も引きずらせてしまいました。私は体調を崩して、仕事もやめたかった。
結婚を考えました。そのとき・・「カレ」と「彼」で悩みました。
二人とも結婚の意志を伝えてくれていて・・。
「彼」なら暖かい家庭になるだろう。安心できるだろう。
「カレ」なら自慢できる夫になるだろう。
私は結局「彼」との結婚を決めた。
決め手は「母」のことをどっちに告白できるか・・ということだった。
「カレ」に伝えるのには自信がなかった・・。
「カレ」に「彼との結婚」を会って告げた。
「カレ」は「さちとはずっと続けたい。」と言った。
私は無理だと言った。最後にキスをして別れた。
私は結婚した。
結婚して実家に帰ったとき、「カレ」と会ったときがあった。もう1年前。
「カレ」は、「全然連絡くれないから、もうそっち(引越し先)で彼氏でもできたの?」って・・。
私ってどんな女よ??「いないし・・もうまじめに暮らしてるよ」と答えた。
「カレ」は、「今までで会った中で一番サイテーな女だった。おかげで女を信じることできなくなっちゃったよ・・。遊びでしかつきあえなくなった。ほんと自分だけ幸せになっちゃってさ。」
と言われた・・。当然言われても仕方ない。
でも、「カレ」のことは遊びじゃなかったんだよ。
「カレ」のこと今でも思い出すよ。大切だったんだよ。いいわけだけど・・。夫には申し訳ない気持ちで一杯だけど・・。
ごめんなさい。毎日自分のことを考えると、懺悔することが多すぎる・・。
「カレ」が幸せになりますように・・。
でも「カレ」にとったら、私と結婚しなくてよかったよ。
面倒だし・・・わがままだし・・。だんなさまは残念だけどね・・はずれくじ引いたと思ってあきらめてください。
[PR]
by sachipu_pu | 2005-01-14 12:01 | 私の罪

いるもの いらないもの

トモダチから「集まるけどどう?」って連絡が・・・。
その中の一人には病気のことを話していて・・。いつも気を使ってくれる。
誘いも「いけそう?どう?」って聞いてくれる。
でも私は約束してもいけるかどうか・・不安で。
何度も断っている。ほんとに申し訳ない・・。
いいかげんあきれられるな~ってわかっていても・・どうしても恐い。
私は自分の中で「いるトモダチ」「いらないトモダチ」と分けてきた。
「いるトモダチ」は大切にして、「いらないトモダチ」は適当に流していた。
うまく使い分けていたというか・・・。
だから、中学、高校、大学、会社・・「いるトモダチ」は大切に今でもずっと続けていて、「いらないトモダチ」は切ってきた。
連絡が来ても電話に出なかったり・・メールも無視して・・。
もともと私は器用なほうじゃないから・・気を使いすぎて疲れてしまう・・。だからなるべく厳選していた・・。
引越して引越し先でもトモダチが出来た。←現在
元のバイト先の人たちと、今のバイト先とか・・。
どれも、私にとっては引越したら終わりだと思っていて流している友達だった・・。
でも、相手は頻繁に連絡くれて、誘ってくれて・・・なぜ?って感じだった。
こんなに断っているのに・・。
病気になって、断ることがさらに多くなって、だから、引かれてもいいと思って病気のことを告白した。
そしたら、気にかけてくれて、さらに連絡くれるようになった・・。
私はなんだか恥ずかしかった。自分が・・。
自分を必要としてくれたトモダチに対して申し訳なくて・・。自分の行動が恥ずかしくて・・。
こんな私を必要としてくれたのに。。
ほんとに迷惑な人はいらないけど・・・そうでない人も切り捨ててきたから・・。
blogをはじめて、知らない私のことを気にかけてくれたり・・。こんな私のことを心配してくれたり・・。大切な存在が増えた。
病気になって、人のやさしさがすごくうれしくて、必要とされることのすばらしさに気づいた。
今あるもの全てを大切にしたい。
「いるもの」「いらないもの」じゃなくて・・私にとっては「全ているもの」だったんだ・・。
いまさら遅いけど・・今までごめんなさい。ごめんなさい。
ほんと、痛みをしらないといろんなことってわからないんだね。26年間生きていきて、やっとわかった。←遅い・・。
[PR]
by sachipu_pu | 2005-01-13 11:34 | 私の罪

わがまま

今日はあんまり気分がよくなくて・・。何があったというわけでもなく、ちょっと胸が痛くて・・。
だんなさまは、仕事に行かなくちゃいけなくて、でも私はダダをこねた。
「どうして私を一番に考えてくれないの?」
「私がどうなってもいいの?死んじゃうから!」
「苦しいって言っているのにそばにいてくれないの?」
「何があっても私が一番じゃないといや!」
「一人にするんだったら、他の男のところに行くからね!帰ってこないからね!一人にするあなたが悪いんだから!」
とにかくわがまま放題・・。言いまくった。
だんなさまは、
「仕方ないだろ」
「寝て待っててよ」って困ってた。
で、仕方なく時間をずらして、今仕事に出て行った。
昨日の夜も、ずっと会話もしないで、部屋でお仕事をしていただんなさま。
ごくろうさま。って素直に感謝しなければいけないのに・・わがままばかり言ってしまう。
「病気の私」を全面に強調してわがままになってしまう。
「病気のワタシ」と「病気の妻を持っただんなさま」はどちらが辛いか。
私は・・・・。ダンナサマだと思う。
私は自分の辛さやしんどい気持ちがリアルにわかる。
でも、だんなさまは、「健康」という理由に一生懸命働いて、わがままをきいて、未知の心配までしなければならない。
「妻がどうなるのか」分からない恐怖。そこまで病気を理解して、考えているのかは謎だけど・・。
こうして離れて考えると分かるのだけど。。。向き合うと自分のことばかりになってしまう。
ついつい病気を治したいって思いながら、自分の中で「病気だもん」って開き直って仕方ないで片付けている自分がいる。
時々だんなさまがあまりにも仕事でいなくて、ずっとずっと一人でいると「昔の男」に電話したくなる。
非通知でかけて出なくてほっとして、出たら切る・・自分がいる。そんな自分に猛烈に後悔する。悪魔の自分に戻ってしまいそうな恐怖・・。葛藤。今は天使が勝っています。
「友達」には元気をアピールしたくて、「オトコ」には「元気がないことをアピールしたい」
「友達」にはイイコでいたい。「オトコ」にはわがまま言い放題出来る・・なんでだろう?
弱い弱い弱いワタシ・・・。
いつか全てなくなってしまうよ?って自分を戒めます。
[PR]
by sachipu_pu | 2005-01-10 17:50 | 私の罪