ココロの綴り。


by sachipu_pu

罪悪感

今日父から電話があった。
そして母とも電話で話した。

じつは何度かメールでやりとりしていて、、
「たまには電話しておいで」って父からメールが入っていて
でも、いまのワタシの状態では冷静じゃいられないってわかっててかけられなかった。
これでも月3,4回は電話していたんだけど・・。毎回動悸がする始末(汗)

で、今日着信。
出ないわけにはいかないから・・ちょっと戸惑いながら電話にでた。
父は風邪をひいているみたいで、一日寝てるって。
体調を崩してるんだ。って
なんだか少しかすれた声を聞いていると悲しくなった。

母と電話に変わって、
病院どうだった?と聞いた。
母は自分が病気だと自覚していない。
「統合失調症」を「糖尿病予備軍」と思っている。
だから、血糖値の話しかしない。
「数値普通なのに、まだ行かなくちゃいけないのかしらね?」って。
「数値は普通でも、ちゃんと診て貰わないと病気になっちゃうからね」って答える。

きっとワタシのいない空間の父は機嫌が悪くて、母は辛くあたられているんだろうな・・って
思うとすごく苦しい。

電話を切ってからいつもの過呼吸。動悸に襲われた。
なんでだか涙が止まらなくて
何もしてあげられない私が悲して

わかってる。
ワタシが何かできることじゃないし・・いまは自分のことで精一杯。
なのに、頭ではわかっているのに
ココロはすぐに反応して
下へ下へと落ちていく。

本当は
ワタシは逃げたかったんだ。

ワタシはずっと ずっと あの家庭から あの家族から逃げたかった。
苦しくて休まることない家庭から逃げたかった。
外にいても、家にいても、ビクビクしなきゃいけない生活から自由になりたかった。
小学生のときから、逃げられる日だけを望んで生きていた。
そんな全然優しくもなんともない子供だった。

そして、ワタシはチャンスをつかんで、逃げた。

その後ろめたさなのかもしれない・・・。
だから、父と母の声を聞くと悲しくなって・・苦しくなるんだ・・。
[PR]
by sachipu_pu | 2005-06-06 18:25 | 家族